未来医療研究会

挨拶

稲葉俊郎

未来の医療をあらゆる角度から研究する集いです

こんにちは。
東京大学で循環器内科の医師を勤めている稲葉俊郎と申します。未来医療研究会を個人で主催しています。
未来医療研究会では、あらゆる伝統医療や代替医療を
実際の西洋医学中心の医療現場へと応用していくことを前提にして、それぞれの技術や知識を共有し、未来の医療を創造していく研究会として活動しています。

活動の様子

未来医療研究会は特定の考え方やヒーリング技術や人の優劣を競う場ではなく、全員が地球で学ぶ同級生としてお互いを認め合い、研鑽しあい、互いに協力していく場です。
未来医療研究会でご協力をお願いしている方は、ひとのこころ・からだ・たましい・自然を大切にしている方々。
未来には広く「医療」と言われそうなこと(主観で構いません)に何らかの形で実践している方々。
そして、愛と調和の志で未来へ貢献していきたいと思っている方々。
そういう方と共に創り上げていく流動的な場です。「こころ」の深い場所からの共鳴・共感・共振と自主性を大切にしています。
特定の考えの押し付けをせず、「みんな違って全部いい」という自由な立場を何よりも大切にしています。

・.。・☆未来医療研究会のイメージ☆・。.・


共鳴・協調すること(「和」)と、主体性を失い盲目的に同調すること(「同」)とは違います。
「和」は「こころ」で共鳴することで、「同」は「あたま」でコントロールすることです。 音楽でいえば、いろんな音とのハーモニー、シンフォニー、ポリフォニーを奏でるのが「和」。
一つの単音に染めること(「同」)とは違います。
この未来医療研究会という場を通して、人と人とが集うとき、どういう「場」が実りいいのか、そんな「場づくり」そのものも共同して実験的に考えていきたいです。
どんなに素晴らしい理念で立ち上げたものでも、「場づくり」がおかしくなると、変な方向にぶれてしまうことを僕らは過去から十分すぎるほど学んだはずです。
理念も集う人も大切なことですが、「場づくり」は目に見えないからこそ、とても大切なものだと思います。
人と人とがどのように集まればいいのか、そういう意味でも未来に向けて新しいスタイルを提案できれば嬉しいです。
未来医療研究会プログラム
調和
世界に向けて。。。
活動の様子
【Future Medicine Odyssey Group】
The purpose of the Future Medicine Odyssey Group is:
- to apply a wide range of alternative medicines to clinical situations
- to share the medical knowledge and techniques for creating the future medicine

The members of the odyssey group includes practitioners of "medicine" in its broader sense, which will come to be considered as "medicine" in future,
and people who care about the entirety of body, mind, spirit and nature, and people who aspire to contribute to the future with love and harmony.
Future Medicine Odyssey Group gathering is a fluid space which is to be formed by the membership.
We embrace empathy, resonance, and vibrations coming from deep within the heart.
Please do not attempt any control, induction, domination, brain-washing in the group.
Everyone has the right to be different.
Do not try to impose any dogma and accept different opinions.

The spirit of the "Future Medicine Odyssey Group" is represented in the Confucian teachings:
子曰、君子和而不同、小人同而不和。(君子は和すれども同ぜず。小人は同ずれども和せず)

"A wise person harmonize to everyone but never flatter everyone. A fool flatter everyone but never harmonize to everyone."
- the Analects of Confucius Harmony and resonance in spirit, "Wa(和)" in Japanese", and blind agreement without individuality,
"Doh(同)" in Japanese, are two different things. "Wa(和)" comes from deep layer of the heart, soul and spirit, "Doh" comes from surface layer of the mind.
Taking music as an example, harmony, symphony, polyphony are all flavors of "Wa(和)",
which is in the realm of the heart, soul and spirit. "Doh(同)" is like entraining into a single tone, controlled by the mind.

The Future Medicine Odyssey Group will jointly explore and experiment new style of study group to be more fruitful.
Come and share your wisdom.The process will naturally transform itself into the Future Medicine.

ご意見・お問い合わせ

全てのお問合せに個別のお返事は対応致しかねます